So-net無料ブログ作成
検索選択

味の素社員に課徴金39万円=審判でインサイダー認定−金融庁

 飲料大手、カルピス(東京渋谷区)株のインサイダー取引問題で、金融庁は16日、証券取引等監視委員会から昨年6月に処分勧告を受けた大手食品メーカー、味の素の社員に対し、金融商品取引法違反で39万円の課徴金納付を命じた。監視委と社員の主張に争いがあったため、勧告内容の是非を審理する「公開審判」が行われていたが、今月上旬に審判官が勧告を妥当とする結論を出した。 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。